木野 Art Studio

pskfstudio.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 06月 18日

ねこ

f0317827_08590157.jpg

ねこが好きな匂いを放つキャットミント。

1日くらい、アトリエのある工場地帯に居つくねこにサービスのつもりで外に出したが、思った以上の喰い荒らしよう。
元気な新芽がいまいちでてこない。
もう外に出さないと決めた。

# by kitafushiko | 2017-06-18 08:51 | Trackback
2017年 06月 14日

透明

f0317827_15352259.jpg

f0317827_15352229.jpg

3メートル×4メートルの特注和紙
墨とガラスペンで、川のある景色を描く。

髪の毛程の線の積み重ね。いずれ真っ黒になるかもしれない。
具体的な物体は見えなくなり、見えない気流のようなものがでてくるのか。
f0317827_15352351.jpg

f0317827_15352368.jpg



# by kitafushiko | 2017-06-14 15:30 | Trackback
2017年 05月 29日

顔顔顔

f0317827_16130103.jpg

f0317827_16130275.jpg

f0317827_16130352.jpg



# by kitafushiko | 2017-05-29 16:12 | Trackback
2017年 05月 20日

初夏とぽーちゃん

f0317827_10035774.jpg

散歩序盤はぽけーっと寝ぼけまなこ。
散歩おわり、綱を離した途端狂ったように鳴き、ジャーキーをあげると静まり返る。
愛嬌は絶対みせない。
そういうところがなんだか好きだな〜〜
f0317827_10035847.jpg

f0317827_10035942.jpg


f0317827_10040069.jpg


f0317827_10040096.jpg

f0317827_10040168.jpg




# by kitafushiko | 2017-05-20 09:51 | Trackback
2017年 05月 17日

すのこ

f0317827_11512637.jpg

すのこ取り付け完了。
雪国特有の知恵。

木野アトリエの初冬、雨どいがすべて氷で埋まり、暖房で溶け始めた上部の水の逃げ道がなく、屋内に染み入り、のちに滝のように落ちてきて偉い目に遭った。

対策として、板金屋さんがすのこを敷いてくれた。

屋根にたまった雪は、雨どいに落ちず溜まる。その雪で閉ざされた雨どいは、保温され0度以下にはならず凍ることはなく空洞状態が続き、雨どいの機能を保てる。

来冬は何事もないことを祈る。

# by kitafushiko | 2017-05-17 11:29 | Trackback