木野 Art Studio

pskfstudio.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 10月 31日

環境整備

今日のアトリエ。
新しくできた入り口スロープのり面に土を入れてくれた。作業の方曰く、まぁまぁ良い土らしい。花を植えようと考えていたが、芝も美しいだろうなと悩む。
お隣さんも、お客様が入りやすいよう、入り口を新たに作りはじめ、ここ一体はなんだか景気が良いなー!という印象。
f0317827_18002586.jpg
1時からは、二階ストーブ設置と一階薪ストーブ煙突取り付け作業。最近は、6年前から始めたという、おそらく同世代の方々が経営するストーブ屋さんにお願いしている。今までの、こんなもんしょ、というおじさま施工とは違い真剣に取り合ってくれるので助かる。近くにコンセントがないので、電気屋さんに近日中に来ていただくこととなった。
あったかい!
f0317827_18003587.jpg
 アトリエ一階、メイン作業場の断熱貼り。
東側は去年終わらせ、今年は西側と二階を終わらせたい。
アトリエが落ち着くまで5年はかかると前のアトリエの頃から先生はよく言っていた。本当その通り。まだまだアトリエ環境づくりはつづくだろう。とにかく穴という穴を塞ぎ、頭上にぴゅーっと風を感じなくなってきたのが何より嬉しい効果。
f0317827_18033697.jpg




# by kitafushiko | 2018-10-31 17:59 | Trackback
2018年 10月 31日

いろのない世界

f0317827_17583840.jpg

f0317827_17584342.jpg

f0317827_17584967.jpg

f0317827_17585269.jpg



# by kitafushiko | 2018-10-31 17:58 | Trackback
2018年 10月 29日

ANIMA設置場所決め

f0317827_19555637.jpg

f0317827_19560537.jpg
箱根ポーラ美術館にて、ANIMA設置場所決め。
移動し易く軽い素材のFRP複製で試す。
当初の場所とは変更し、既に設置してある彫刻の手前に起く。これらを見逃す方が多いらしく、真白のANIMAを置くことは作品への目線の導火線的役割を担わせている。
森の傾斜に置かれてることも、躍動感が増しANIMAを引き立てる。  

鋳造されたANIMAは、パーツを川口の鉄工所にて溶接。
着彩は石膏の白色にする。
f0317827_19561014.jpg

f0317827_19561454.jpg

f0317827_19562064.jpg



# by kitafushiko | 2018-10-29 19:55 | Trackback
2018年 10月 29日

JR貨物

f0317827_16252198.jpg

f0317827_16252588.jpg
JR貨物にて、箱根から場所決めのためにFRPで作られた複製ANIMA到着。この大きさが貨物に入ったのか!
作品依頼主からANIMAをもう一点とリクエストがあり、これを参考にまたANIMA 2の制作を始める。
f0317827_16304589.jpg

f0317827_16304954.jpg



# by kitafushiko | 2018-10-29 16:25 | Trackback
2018年 10月 29日

出入り口完成

f0317827_16001355.jpg
アトリエ出入り口完成。
以前は共有道路というものを使い出入りをしていた。
共有道路は絶対売らないと最初の口約束はどこへ、地主さんが共有道路含めた土地をお隣さんに売ったので、出入り口が無い状態となっていた。
出来上がりはかなりりっぱなスロープ。素晴らしい。
f0317827_16001861.jpg
ダンプで運んできたアスファルトをぴったり使い切る。計算の仕方があるのだろうが驚く。
f0317827_16011751.jpg



# by kitafushiko | 2018-10-29 15:59 | Trackback