木野 Art Studio

pskfstudio.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 09月 18日

ブロンズ工房より 蝋貼り

もう一つのレリーフ作業へ。
シリコン雌型に蝋をはっていく。
f0317827_00042158.jpg

肌蝋
熱い蝋で少しずつ和筆で厚みをつけていく。
f0317827_00042125.jpg

f0317827_00042142.jpg

赤い蝋は、粘りがある。補強になりそして張りやすい
f0317827_00042264.jpg

f0317827_00042260.jpg

無駄なでこぼこをなくすのに、削る作業。
f0317827_00042267.jpg


f0317827_00042347.jpg

ガスバーナーで蝋を温めながら表面を整えていく。
3〜4㎜の厚さがベスト。この厚さ、肌の様子が最終的にブロンズの厚さ、表面となってあらわれる。

by kitafushiko | 2015-09-18 07:05 | Trackback
トラックバックURL : https://pskfstudio.exblog.jp/tb/24487282
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ブロンズ工房より 湯道づくり      これもお終い >>